処遇改善加算とは?

「処遇改善加算」とは、


介護職のためにキャリアアップの仕組みを作ったり、職場環境の改善を行った事業所に対して、介護職の賃金を上げるためのお金を支給する


という内容の制度です。 

この制度が作られた背景には、高齢化が進む日本での深刻な介護職不足があります。

厚生労働省によると、2025年度には約38万人の介護職が不足する見込みで、国は対策を打つ必要がありました。 

介護職不足を解決するためには、介護職を目指す人を増やすだけではなく、今働いている人の定着率を上げる必要がある。そう考えた国は、介護職の給料アップ+やりがいの持てる職場づくりを促進するための制度を作ったのです。

処遇改善加算相当分とは?

「処遇改善加算相当分」とは、

介護職以外の職種(事務職・看護職・他)の方へ、法人負担で支払う手当です。